Skip to main content.
Google custom search

他のソフトウェアのコンパイルとインストール

このページでは、 NetBSD 上でのソフトウェアの構築とインストールの方法を説明していました。 通常は、 NetBSD パッケージコレクションにある 多くのソフトウェアパッケージを使うことを強くおすすめします。 このため、このページには非常に限られた追加情報しかありません。

BSD daemon

ソフトウェアのダウンロードとコンパイル


ソフトウェアのダウンロードとコンパイル

NetBSD で java プログラムを走らせる方法 (トップ)

NetBSD パッケージコレクションに、 Sun の最新の JDK (lang/sun-jdk13, lang/sun-jdk14, lang/sun-jdk15) など、多数の java パッケージがあります。現在、 Sun JDK はバイナリーエミュレーションによって動作し、 それ以外のもの (lang/kaffelang/wonka など) はネイティブで動作します。

http://www.eyesbeyond.com/freebsddom/java/ の説明に従って、 ネイティブな Sun JDK を自分で構築することもできます。 (訳註: FreeBSD と書かれていますが) 名前に惑わされないでください -- この説明は、 NetBSD にもそのまま適用可能なのです!

将来、 NetBSD プロジェクトがネイティブな Sun JDK ビルドを提供できる日が来るかもしれません。 しかし、 Sun の JDK のライセンス条項のせいで、今はそうすることができません。 状況が変わった時には、このドキュメンテーションを更新します。

コンパイル済パッケージはどこにあるか (トップ)

さまざまな NetBSD ポート用にコンパイルされたバイナリーパッケージは、 NetBSD パッケージコレクションで入手可能です。

自分でコンパイルしたサードパーティー製ソフトウェアが共有ライブラリーを見つけてくれない! (トップ)

もともと他の Unix 用に書かれたソフトウェアをコンパイルしようとする場合に しばしば起きるのは、そのプログラムが共有ライブラリーを見つけられないという 問題です。これは、 NetBSD の ELF 実装の思想が原因です。これは既知の問題であって、 解決方法があります。

もちろん、本当の解決方法は、すべてのソフトウェアを NetBSD パッケージコレクションを使ってインストール することです。もしそのソフトウェアがまだ pkgsrc 化されていなければ、 send-pr(1) で報告するか、あなたが自分でパッケージを作ることができます。 pkgsrc ドキュメンテーション に詳しい情報があります。


Back to NetBSD ドキュメンテーション: ソフトウェア