Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/hp700: よくある質問


シリアルコンソールを使う (トップ)

ほとんどの機種では、Boot ROM を設定して、ローカル接続されたキーボードとフレームバッファーのかわりに シリアルコンソールを使うようにすることができます。シリアルコンソールは 9600 bps, 8 N 1 で、ポート "A" または "1" で使うのがふつうです。この手順は機種によりさまざまですが、 少なくとも、Boot ROM を設定するために最初にキーボードとモニターを接続することは必要でしょう。 手順は以下で説明します。

キーボードやモニターを接続せずにシリアルコンソールを使うようにできる技巧もあります。 取り外し可能なフレームバッファーを持つ機種 (720, 730, 735, 755) では、 SGC フレームバッファーを外すだけで、システムがデフォルトでシリアルコンソールを使うようになります。 また、キーボードを外した状態で電源を入れその間、マシン脇にある TOC (Transfer of Control) ボタンを 10 秒押し続けると、強制的にシリアルコンソールを使わせられるようです。 後者は、古い機種 (715 や 735) には通用しません。712 ワークステーションについては、 専用の説明があるのでそちらを参照してください。

Thomas Marteau, The Puffin Group, Deb Richardson による http://tldp.org/HOWTO/PA-RISC-Linux-Boot-HOWTO/index.html によれば、

  1. PA-RISC マシンの電源を入れる。 キーボードとマウスは接続しておく。
  2. ブートする過程で、以下のメッセージが表示される。
        Searching for Potential Boot Devices.
        To terminate search, press and hold the ESCAPE key.
    
    このメッセージが出たところで、Esc キーを押し、 オプションメニューが出るまで押し続ける。
  3. デフォルトでは、BOOT_ADMIN コンソールに入る 715 の一部では、以下のようなオプションメニューになる。
     b)    Boot from specified device
     s)    Search for bootable devices
     a)    Enter Boot Administration mode
     x)    Exit and continue boot sequence
     ?)    Help
    
            Select from menu:
        
    ここでは a) Enter Boot Administration mode を選ぶ。すると BOOT_ADMIN> プロンプトに入る。これ以外の機種では BOOT_ADMIN モードに入っている。これで、どの機種でも BOOT_ADMIN コンソールに入ったことになる。
  4. シリアルコンソールモードに切り替えるには、 BOOT_ADMIN コマンドプロンプトで以下のコマンドを打つ。
    path console rs232_a.9600.8.none
    
  5. 電源を切り、また電源を入れる。上述の 3 のオプションメニューに入るために、 ESC キーを押すよう準備しておく。

以上の全手順を 735/99 で採取したものが、 これです。

電源投入時の設定 (ブートデバイス、コンソールなど) の方法は (トップ)

700 シリーズのワークステーションはすべて、Boot Administration コマンドラインユーティリティーを持っており、これを使ってさまざまな設定をおこなうことができます。 たとえば、システムが自動的に OS をブートするかどうか、どのデバイスからブートするか、 イーサネット MAC アドレスの設定、シリアルコンソールの設定、 そしておそらく低レベルのハードウェアアクセスもできるでしょう。

BOOT_ADMIN に入るには、OS をブートしようとする前に ESCAPE キーを押す必要があります。700 シリーズのマシンは、 電源を投入後、ESCAPE キーを押すところ (短時間) になるまでに時間がかかるものが多いので、注意してください。電源ボタンを押してから、 画面に何か表示されるまでに 1 分以上かかることもあります。

Selecting a system to bootSearching for Potential Boot Devices を抜けたら、 BOOT_ADMIN に入るために "a" キーを押す必要があります。 BOOT_ADMIN に入ったら、 HELP コマンドでオンラインヘルプを使ってください。

お楽しみください (735/99 上で BOOT_ADMIN オプションをいくつか使った 実例の記録を、あわせてご覧ください) 。

システムはどのデバイスからブートしようとするのか (また、そのデバイスを変える方法は) (トップ)

BOOT_ADMIN 環境で AUTOSELECTPATH コマンドを使ってください。

HP-UX 互換機能 (トップ)

いつの日か、 NetBSD/hp700 は HP-UX のプログラムとのバイナリー互換機能を持つようになるでしょうが、 そのための作業はまだ行なわれていません。

NetBSD/hp700 の歴史 (トップ)

NetBSD の hp700 ポートは 2001 年 10 月に Matt Fredette が始めました。 これは Michael Shalayeff による OpenBSD/hppa のソースをもとにして始まったもので、多くの作業がおこなわれた結果、 2002 年 3 月にはマルチユーザーでブートできるようになりました。 Matt はこの時から、 NetBSD のソースツリーへの統合を始めました。

他の情報源 (トップ)


Back to NetBSD/hp700 ポートのページ