Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/hpcmips ユーザー向け How-To ページ

NetBSD/hpcmips を始めよう

pbsdboot.exe: NetBSD/hpcmips ブートローダー


このページについて (トップ)

このページは、NetBSD/hpcmips を使っている、あるいは使いたいと考えている ユーザーが、システムをセットアップし保守することを助けるための情報が 含まれています。


NetBSD/hpcmips を始めよう

NetBSD/hpcmips の始め方の概要 (トップ)

NetBSD/hpcmips を始めるにあたって、少なくても2つのファイルが必要です。

pbsdboot.exe
WindowsCE 環境で動作するブートローダー。
netbsd カーネル

pbsdboot のプルダウンメニューで、ハードウェアの型と、カーネルのパスを選択します。 pbsdboot は、ハードウェアの情報 (フレームバッファー情報その他) をカーネルに渡します。 カーネルは Windows CE のメモリー全部を RAM として使いますので、 ブートする前に、 CE メモリーに保存されている全データを *必ず* バックアップしておいてください。 カーネルをロードするには、 Boot を押してください。

ファイルシステムの概要 (トップ)

ファイルシステムは、以下のいずれかを選択します:

コンパクトフラッシュカード、あるいは、 ATA カード上のファイルシステム
pbsdboot.exe のための DOS パーティションと NetBSD のパーティションが必要です。
SCSI/IDE ディスク上のファイルシステム
NetBSD/hpcmips は SlimSCSI のような PCMCIA SCSI カードをサポートしますので、 SCSI ディスク上にファイルシステムを作ることができます。これは開発者にお勧めです。
NFS サーバー上のファイルシステム

起動時の経緯:

NetBSD/hpcmips が PCMCIA イーサネットカードを見つけ

dhcp サーバーから IP アドレスをもらい

NFS サーバーを見つけ

NFS サーバーから、 / パーティションをマウント

コンパクトフラッシュや ATA カードを買う必要がありますか? そうだとすると、推奨は? (トップ)

一般的な利用者には、128M CF を推奨します。
base+kern+etc+comp の構成で良好に動きます。
80M-96M CF
base+kern+etc - 基本的な NetBSD システムがポケットに入ります。
64M CF 以下
base+kern+etc - 使わない大きなファイルを消せば、収まります。
15M CF
北極での生活 - 冒険好きの人向けです。

この機種で NetBSD/hpcmips がサポートされているかの調査 (トップ)

サポートされている機種一覧をチェック してください。

サポートされている CF カードと PCMCIA カード (トップ)

NetBSD で サポートされているハードウェアデータベース(一覧) があります。 PCMCIA を選択して、データベースの 問い合わせ/追加をします。 NetBSD ユーザーがこのデータベースをつくるのです。
NetBSD 機種非依存 PCMCIA ドライバー を見てください。
コンパクトフラッシュカード

48M 以上の SanDisk の CF

注意:z50 では、Extreme Memory Compact Flash EM-CF/128/P (PQI FLASH DISK 1201N) は、時々 つっかかり、 z50 がハングします。 特に重い "ディスク" 負荷においては。

PCMCIA カードデバイス

NE2000 互換 corega Ether PCC-T

3com 3C589*

Lucent/Agere WaveLAN/Orinoco ワイヤレス NIC

Socket Communications, Inc. Standard LP-E CF+ (EA2900-117)

Xircom CF イーサネットカード

TDK LAC-CF010 CF イーサネットカード

3com 3C1 : は ep ドライバーで mac address を取得できますが、パケットをまったく送信しません。 動きません。

NTT DoCoMo Paldio 611S (日本:コンパクトフラッシュモデムインターフェースを持つ PHS)

DN-boy

eXtreme drive

Adaptec SlimSCSI 1460 (APA-1460)
Apricorn EZ-GIG Expansion Card
Callunacard CT260T2

NetBSD/hpcmips 配布物の入手 (トップ)

ftp://ftp.NetBSD.org/pub/NetBSD/NetBSD-5.0/hpcmips/ をチェックしてください

binary/sets:base.tgz, comp.tgz のような NetBSD/hpcmips バイナリー

installation:pbsdboot.exe.gz と netbsd.gz

source:ソースファイル

pbsdboot.exe と netbsd を CF 上に置いて、 netbsd インストール用カーネル (sysinst を含む) を起動するために pbsdboot.exe を実行してください。 容量に余裕がない場合は、netbsd.gz を伸長せずにそのままブートすることができます。

NetBSD/hpcmips ブートローダー (pbsdboot.exe) の入手 (トップ)

pbsdboot ダウンロードディレクトリー からダウンロードしてください。 pbsdboot.exe は WindowsCE 2.00 用にコンパイルされています。 Windows CE 1.01 には、 pbsdboot1.exe を使います。 pbsdboot.exe は 8ビットフレームバッファー機のために、カラーマップを使うようになりました。 現在、 256色を使うことができるのですが、ビデオコントローラーチップの詳細がわかりません。 (実際にビデオチップについては何も知らないのです。)

Windows CE 1.0 では カラーマップのサポートがまったく無いために、 pbsdboot は CE 1.0 と 2.0 で同一のバイナリーによるサポートができません。 よって、 pbsdboot.exe は CE 2.0 以降用にコンパイルされています。 CE 1.0 では、 pbsdboot1.exe を使う必要があります。

NetBSD/hpcmips カーネルの入手 (トップ)

pbsdboot は NetBSD/hpcmips カーネルファイルへブートを引き継ぎます。

netbsd-GENERIC.gz: このカーネルは Vr41xx および TX3922 CPU の上でのみ動作します。

netbsd-TX3912.gz: TX3912 機のためのカーネル。

Microsoft パーティションのアクセス (トップ)

WinCE で読みこめる MS-DOS パーティションのアクセスには、Microsoft パーティションのアクセス を読んでください。

コンパクトフラッシュにNetBSD パーティションを準備する (トップ)

コンパクトフラッシュ上にファイルシステムを作る

NetBSDパーティションのないコンパクトフラッシュを準備する (トップ)

TODO

メーリングリストによるサポート (トップ)

キー配置制御 (トップ)

CTRLCAPS 交換
wsconsctl -w encoding=jp.swapctrlcaps
無変換キー を Function 10 に (MGL2 ウィンドウ switch に)
wsconsctl -w map+="keysym Muhenkan = F10"
変換キー を Function 9 に (MGL2 ウィンドウ change に)
wsconsctl -w map+="keysym Henkan = F9"

pbsdboot.exe: NetBSD/hpcmips ブートローダー

NetBSD/hpcmips ブートローダー (pbsdboot.exe)ってなんですか? (トップ)

TODO

NetBSD/hpcmips ブートローダーのオプション (トップ)

Windows CE からのブートローダー
"pbsdboot.exe" と呼ばれる、Windows CE 環境でのブートローダーは ftp.NetBSD.org にあります。
ブートローダーオプション

-d カーネルデバッガーに落ちる

-m メモリー上の miniroot をつかう

-s シングルユーザーモード

-h シリアルコンソール使用

-a 名前を尋ねる:カーネルはルートデバイス (wd0a のような)、 dump デバイス (wd0b のような)、ファイルシステム (ffs のような)を尋ねます。 ルートデバイスを Slim SCSI カード / IDE PCMCIA カードに変えるには、 このオプションを使って、ルートデバイスを sd0/wd に設定してください。

-b=DEV 起動デバイスを DEV(wd0, sd0, nfs etc.) に変更する

シリアルコンソールでカーネルを起動する (トップ)

pbsdboot 上で、次のパラメーターを確かめ、設定します:
Options: h
Serialport on
9600bps, 8bit, non-parity, VT100 モードで、ターミナルを接続します。
pbsdboot フレームバッファー形式設定

D8_FF : 黒地に白文字

D8_00 : 白地に黒文字

自動的に NetBSD を起動する (トップ)

タッチパネル設定を飛ばすには、 shift+power キーを押しながら電源を入れてください。 いくつかの機種では、 \Storage Card\AutoRun\XXXXXX\Autorun.exe で自動実行できます。 XXXXXX は CPU 種別です。 しかし、これは全ての機種でできるわけでありません。 また正確なパスも記憶によるものなので、ちょっと不正確かもしれません。

CASIO Cassiopeia:
\CE\R4100\AutoRun.exe

Everex Freestyle でのボタンひとつ起動 (トップ)

Everex Freestyle システムは ボタンをひとつ押すだけで、ブートローダーを開始する設定ができます! "ボタンひとつでブートローダー発動"をするには、 コンパクトフラッシュ上の FAT ファイルシステムのルートディレクトリーに、 pbsdboot.exevoiceapp.exe という名前で置いてください。

ブートするには、 Freestyle の "Record" ボタンを押すだけです。 PHILIPS Nino312 はこの方法が使えます。


Back to NetBSD/hpcmips ポートのページ