Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/acorn26

acorn26-logo

About NetBSD/acorn26

NetBSD/acorn26 は ARMv2 および ARMv2a マシンへの NetBSD のポートで、 おおむね Acorn Archimedes (アルキメデス)、 A シリーズおよび R シリーズシステムに対応するものです。 これらのシステムは NetBSD/arm32 がサポートするシステムよりも前のもので、 それらとは互換性のない初期のバージョンの ARM アーキテクチャーを使っています。

NetBSD/acorn26 News

2006-10-01: acorn26 が標準の ARM バス空間の実装へ移行
Ben Harris が、acorn26 上の標準の ARM bus_space の実装を使うよう移行するための 変更を commit しました。 この実装は旧来の acorn26 bus_space よりも柔軟なものです。つまり、 単独の read/write 操作は遅くなりますが、 複数および領域の操作は速くなる可能性を持っています。さらに、 特に、insane な podule に対応できるようになるかもしれません。
2006-10-01: Acorn SCSI Expansion Card 用の新ドライバー sec(4)
Ben Harris が、Acorn SCSI Expansion 用の新しいドライバー sec(4) を commit しました。 asc(4) とは異なり、このドライバーは、ボードの DMA システムを使い、機種独立の WD33C93 ドライバーを使い、NetBSD/acorn26 上で動作するもので、他の 6 機種の機種依存 SCSI ドライバーと同じ名称を使ってはいません。 acorn32 上での動作は確認されていませんが、A540 上ではかなり良好に動作するようです。
2003-10-15: arm ポートの Xscale 最適化
Steve Woodford が、 NetBSD/arm ポートに さまざまな Xscale への細かな最適化をコミットしたことを発表しました。 詳細は、彼が port-arm メーリングリストに投稿した記事をご覧ください。
2001-12-08: 新しい -current スナップショット
2001-12-07 現在のソースに基づく新しい -current のスナップショットが ftp サーバーの NetBSD/arm26 スナップショット置き場から入手できます。 (スナップショットは消去されました。 NetBSD 1.6 が 2002-09-14 にリリースされました)
2001-09-12: 最小限の Econet サポート
NetBSD-current に、 Econet インターフェースの最小限のサポートが 取り込まれました。現時点では、Econet 上には何もプロトコルが実装されていないため、 実用性に乏しい状態です。これは、今後、改善されるでしょう。
2001-07-28: 新しいブートローダー
Ben Harris は、 gzip されたカーネルに対応した、新しい NetBSD/arm26 用ブートローダーをコミットしました。詳細は、 port-arm26 メールアーカイブの Ben のアナウンスを参照してください。
2001-05-31: ローカルルートでのブート
Ben Harris (bjh21@NetBSD.org) が、 ローカルディスク上のルートファイルシステムからのブートに成功しました。
2001-05-28: HCCS SCSI ドライバーの DMA
Ben Harris (bjh21@NetBSD.org) は、 HCCS SCSI podule における疑似 DMA 機能対応をコミットしました。 これは、最大 300 KB/s の速度で動作可能なものです。

Archive of NetBSD/acorn26 news items

対応機種

注として、 NetBSD/acorn26 には少なくとも 8MB のRAM が必要です。 これよりメモリーの少ないシステムでは、現在動作しません。

  • Archimedes 305, 310 および 440
  • R140
  • Archimedes 410/1, 420/1 および 440/1 (未試験)
  • BBC A3000
  • Archimedes 540
  • R260 および R225 (未試験)
  • A5000
  • A4 (未試験)
  • A3010 (未試験)
  • A3020
  • A4000 (未試験)
  • Dave GilbertArcEm

対応周辺機器

新しい機種では:

  • オンボード IDE インターフェース (wdc)、 ATA および ATAPI デバイスをサポートします
  • オンボードシリアルポート (com)
  • オンボードパラレルポート (lpt)