Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/amiga

amiga-logo

About NetBSD/amiga

NetBSD/amiga は、 Commodore および Amiga International による Amiga シリーズのパーソナルコンピューターと、 MacroSystem GmbH による DraCo への NetBSD ポートです。

NetBSD/amiga の開発活動は、開発者の余暇に応じたスピードで 進んでいます。現在、 NetBSD/amiga は、 Motorola 68020 以降の CPU と MMU を持ったすべての Amiga [1] と、 68060 DraCo で動作します。 68020 や 68030 のシステムでは FPU が推奨されますが、必須ではありません。 68LC040、 68040V および 68LC060 のシステムは、今のところ正しく動作しません。

MMU を必要とするため、 A500、 A600、 A1000、 A1200、 A2000、 A4000/EC030、 CDTV や CD32 はそのままでは動作しません。これらで NetBSD を動かすためには CPU ボードを装着しなければなりません。

必要最小限の RAM は約 8MB の FASTMEM、必要最小限のハードディスク容量は約 75 MB ですが、これはインストールしたシステム構成の規模に依存します。 より詳しくは、インストールドキュメントで確認してください。

NetBSD/amiga News

2011-01-14: BlizzardPPC SCSI ドライバー
Radoslaw Kujawa が、 BlizzardPPC 603e+ で使われている 53c710 ベースのホストアダプターのドライバーを作成しました。
2007-08-20: Buddha および Catweasel/Z2 用ドライバー
Individual Computers の Buddha および Catweasel/Z2 IDE コントローラーに、 wdc(4) で対応しました。
2006-05-09: m68k 用のバイナリーパッケージが利用可能

Greg Oster が最新の枝 pkgsrc-2006Q1 から構築した約 1000 個のパッケージが ftp://ftp.NetBSD.org/pub/NetBSD/packages/packages-2006Q1/NetBSD-3.0/m68k で入手できます。 このパッケージは m68k ベースの全ポートで使うことができます。

詳細は、Greg Oster のお知らせをご覧ください。

2003-11-12: wscons PAL サポート
Jukka Andberg が、 PAL ディスプレイに対応するスクリーンタイプを amidisplaycc(4) へ追加し、 wscons での PAL サポートが可能になりました。

Archive of NetBSD/amiga news items

対応ハードウェア

  • IDE コントローラー:

    • A4000/A1200 内蔵
    • Buddha, Catweasel/Z2
  • SCSI ホストアダプター:

    • 33c93 ベースのボード: A2091, A3000 内蔵、 Apollo アクセラレーター 対応で変更された A3000 内蔵、GVP series II
    • 53c80 ベースのボード: Hacker、 12 Gauge、 IVS、 Wordsync/Bytesync、 Emplant [2]
    • 53c710 ベースのボード: A4000T、 A4091、 BlizzardPPC 603e+、 Magnum、 Warp Engine、 Zeus、 DraCo 内蔵 SCSI
    • FAS216 ベースの SCSI ボード: FastLane Z3、 Blizzard I および II、 Blizzard IV、 Blizzard 2060、 CyberSCSI Mk I および II
    • Cyberstorm Mk III / Cyberstorm PPC
  • ビデオコントローラー:

    • 種々の Amiga に内蔵の ECS、 AGA および A2024
    • Retina Z2 [3]、 Retina Z3、 Altais
    • Cirrus CL GD 54xx ベースのボード: GVP Spectrum、 Picasso II、 II+ および IV、 Piccolo、 Piccolo SD64
    • Tseng ET4000 ベースのボード: Domino および Domino16M proto、 oMniBus、 Merlin
    • A2410[3]
    • Cybervision 64
    • Cybervision 64/3D
  • オーディオ I/O:

    • Amiga 内蔵 (8 ビットおよび 14 ビットモード)
    • Melody Mpeg-audio layer 2 ボード [4]
    • Repulse オーディオボード
    • Toccata オーディオボード
  • イーサネットコントローラー:

    • A2065, Hydra, ASDG LanRover, A4066, Ariadne, Quicknet Ethernet
    • AriadneII Ethernet
    • X-surf Ethernet ポート
    • A1200 におけるいくつかの PCMCIA カード (数種のネットワークカードでテストされたのみ)
  • ARCnet コントローラー:

    • A2060 ARCnet
  • ISDN コントローラー:

    • BSC ISDN Master
    • BSC ISDN Master II
    • ITH ISDN Master II[4]
    • VMC ISDN Blaster
    • Zeus Development ISDN link
    • Individual Computers ISDN Surfer
  • テープドライブ:

    • Archive Viper, Cipher SCSI-2 ST150 を含む、 ほとんどの SCSI テープドライブ
  • スキャナー: 機種独立な PINT インターフェースの統合により、 下記のものが動作するはずです:

    • SCSI-2 スキャナーデバイスとしてふるまう SCSI-2 スキャナー
    • HP Scanjet II [5]
    • Mustek SCSI scanner[5]
  • CD-ROM ドライブ:

    • ほとんどの SCSI CD-ROM ドライブ
  • 下記のボード上のシリアルポート:

    • Amiga 内蔵
    • DraCo 内蔵、シリアルマウスポートを含む
    • A2232 (normal および turbo モード)
    • MultiFaceCard II および III
    • HyperCom Z3 (シリアルのみ), HyperCom 4, 3+ および 4+ (A1200 クロックポートモデルは除く!)
  • 下記のボード上のパラレルプリンターポート:

    • Amiga 内蔵
    • DraCo 内蔵
    • HyperCom 3+ および 4+
  • Amiga フロッピードライブ、 Amiga (880kB/1760kB) および IBM (720kB/1440 kB) ブロックエンコーディングに対応。
  • Amiga マウス。
  • リアルタイムクロック: A2000, A3000, A4000 内蔵; DraCo 内蔵 (r/o); いくつかの A1200 アクセラレーターボードの A2000-RTC クローン。

NetBSD/amiga Information

Mailing Lists

Current Releases

Future Releases

Related Links


[1] GVP '030/50MHz アクセラレーターは、 メモリーバンクがすべて Extended (J12?) に切り替わっていないと 動作しないとの報告があります。

[2] The Emplant SCSI アダプターは、問題なくインストールしたのちに、 ハングする原因となることが、報告されています。

[3] 現在、 Retina Z2 および A2410 用の X サーバーはありません。

[4] The DraCo Zorro-2 バスは、複数のボード (既知のもの: Melody Z2, ITH ISDN Master II) を認識しません。 さらに悪いことに: これらのボードの ConfigIn/ConfigOut のオーダーも 見つけられません。これは NetBSD の問題ではなく、ボードの設計の問題です (はい、そうなんです)。

[5] Mustek および HP Scanjet スキャナーは、 A3000 からアクセスされると固まるとの報告があります。これは 他の 33C93 アダプターにも該当するかもしれません。