Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/sparc JavaStation サポート

2.0 リリースから、 NetBSD は 2 機種の JavaStation をサポートしています。 JavaStation-1 と JavaStation-NC です。

JavaStation 機種向けの他の Sun 以外のオペレーティングシステムとは違い、 NetBSD では PROM や NVRAM に手を加える必要はありません。 必要な NVRAM パッチはすべて NetBSD ブートローダーが当ててくれるので、 ちゃんと動作します。

Sun はブート ROM に OpenBoot PROM 2 を使っていましたが、後期の JavaStation-1 マシンで Open Firmware を使うよう変更しました。 JavaStation-NC マシンはすべて Open Firmware を使っています。 OpenBoot PROM は JavaStation 以外の NetBSD/sparc マシンで使われていたもの、 Open Firmware は NetBSD/sparc64 の機種で使われているものです。

簡単に言えば、 JavaStation-1 は (一部のユニットの Open Firmware を除いては) SPARCstation 4 の部品を減らしたものです。 JavaStation-NC は、完全に異なるブート方法 (Open Firmware) を使った、 完全に新しいアーキテクチャーです (バスの種類、フレームバッファーチップセット、 シリアルチップセットが異なります) 。

JavaStation-1 (別名 Mr. Coffee、 品番 JJ-xx)

どちらの boot ROM であるかは、 JavaStation-1 のブート時に表示されるバナー でわかります。表示が OpenBoot 2.30 なら、 OpenBoot PROM 2 です。 表示が OpenBoot 3.x (ここで x は大抵 10 か 11 です) なら、 Open Firmware です。

困ったことに、 OpenBoot PROM 2 は PS/2 のキーボード/マウスコントローラーを 適切に初期化しません。つまり、シリアルコンソールを使わないと PROM の設定が できないということです。 NetBSD/sparc カーネルは PS/2 キーボードをサポート しているので、 NetBSD カーネルがロードされればキーボードを使うことができます。

Open Firmware には PS/2 キーボード/マウスの問題はありません。

Xsun X11R6 サーバーは、 X に -kb オプションを付けて XKB を無効にしておく限りにおいては、 PS/2 キーボードとマウスとともに使えます。 この -kb を付けるのは、 "Type4/US101A" PC キーボード向けの XKB 記述がないことによる問題を防ぐためです。

オーディオ再生は機能します。

OpenBoot PROM 2 ベースの JavaStation-1 ユニットは、他の NetBSD/sparc マシンと同様にしてネットブートできます。 Diskless NetBSD HOW-TO の sparc に固有な 部分を参照してください。

Open Firmware ベースの JavaStation-1 ユニットは、他の近代的なマシンと同様に してネットブートできます -- DHCP リクエストを送り TFTP サーバーとブートローダー のファイル名を得て、そのファイルをダウンロードして実行します。こちらのユニット では、他の NetBSD/sparc マシン用とは別のブートローダーが必要です。 スナップショットまたは配布物に含まれる bootjs.net を使うようにしてください。 Diskless NetBSD HOW-TO の javastation に固有な 部分を参照してください。

JavaStation-NC (別名. Krups あるいは JavaStation-10、 品番 JK-xx)

すべての JavaStation-NC ユニットは Open Firmware を持っています。ユニットによっては、 JavaOS がインストールされたフラッシュ SIMM を持っているものもあります。このフラッシュ SIMM がある場合、 JavaStation-NC はネットブートの前にフラッシュ SIMM からブートしようとします。 NetBSD をネットブートするために、あらかじめフラッシュ SIMM を外しておく必要があります。

これらのユニットではテキストコンソールがサポートされています。

XFree86 サーバー自体はこれらのユニットで使われているフレームバッファー チップセットをサポートしているのですが、このサポートは sparc プラットフォーム上の XFree86 には未統合です。

オーディオ再生と録音は機能します。

JavaStation-NC ユニットは、他の近代的なマシンと同様に してネットブートできます -- DHCP リクエストを送り TFTP サーバーとブートローダー のファイル名を得て、そのファイルをダウンロードして実行します。このユニット では、他の NetBSD/sparc マシン用とは別のブートローダーが必要です。 スナップショットまたは配布物に含まれる bootjs.net を使うようにしてください。 Diskless NetBSD HOW-TO の javastation に固有な 部分を参照してください。

JavaStation-E (別名 Espresso、品番 JE-xx)

現在のところ、JavaStation-E には部分的にしか対応していません。Julian Coleman がシングルユーザーモードでの起動に成功したと報告 しています。


Back to NetBSD/sparc Port Page