Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/sparc

sparc-logo

About NetBSD/sparc

NetBSD/sparcは、DARPAとの契約BG 91-66のもと、ローレンス・ バークレー研究所(LBL) において、コンピューターシステム工学グルー プにより行われ、のちにカルフォルニア大学バークレー校による 4.4BSD-Liteの一部として配布された仕事をベースにしています。こ れは1993年10月2日にNetBSDのソースツリーにインポートされました。 LBLコンピューターシステム工学グループに特に感謝します。彼らの 仕事なしにはこのポートは存在しなかったでしょう。

よくある質問およびSunのハードウェア情報へのリンクに関し ては、NetBSD/sparc FAQをご覧ください。

新しい UltraSPARC 系のマシンについては NetBSD/sparc64 をご覧ください。

NetBSD/sparc News

2006-07-03: JavaStation Espresso で NetBSD が動作
Julian Coleman が、 Valeriy E. Ushakov とともに、JavaStation Espresso 上で NetBSD をシングルユーザーモードで起動できるようにしたことを報告しました
2006-02-28: 16 および 24 ビットでの XFree86
pnozz(4) フレームバッファーが 8, 16 および 24 ビットカラーに完全なアクセラレーション付きで対応したことを、 Michael Lorenz が発表しました。詳細は、port-sparc メーリングリストに投稿された 彼の 記事をご覧ください。
2005-04-09: pkgsrc-2005Q1 のバイナリーパッケージが利用可能
Manuel Bouyer が、 pkgsrc-2005Q1 枝から作成した NetBSD-2.0/sparc 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/NetBSD/packages/pkgsrc-2005Q1/NetBSD-2.0/sparc/ にアップロードしました。

Archive of NetBSD/sparc news items

対応機種

NetBSD 2.0 で新たに対応した機種には、 (2.0) 印がついています。

注意: '(SMP)'印がついている機種は複数の CPU を持っていますが、リリース 2.0 より前の NetBSD/sparc では、 CPU をひとつしか使いません。

  • Sun sun4m マシン (既存のあらゆる SuperSPARC, hyperSPARC, microSPARC および TurboSPARC CPU に対応しています):
    • Sun 4/600 (SMP)
    • SPARC Classic
    • SPARC LX
    • SPARCstation 4
    • SPARCstation/server 5
    • SPARCstation/server 10 (SMP)
    • SPARCstation/server 20 (SMP)
    • SPARCstation Voyager (PCMCIA サポートに関して FAQ 参照)
    • Sun 'Fox'
    • JavaStation-1 (別名 "Mr. Coffee" あるいは JavaStation JJ) (2.0)
    • JavaStation-NC (別名 Krups, JavaStation JK あるいは JavaStation-10) (2.0)
  • Sun4m 互換機 (以下のものを含む):
    • Axil 245 (SS5 クローン), 311, 320 (SS20 クローン)
    • Cycle C C Cycle 5-IP
    • DTKstation/Classic+
    • RDI,PowerLite-85, RDI,PowerLite-110, RDI,BriteLite
    • Ross sparc 20
    • SS5/170 Transtec
    • TATUNG micro COMPstation 5
    • Twinhead TWINstation 5G (SS5 クローン)
    • TWS,SuperCOMPstation-20S
    • Tadpole SPARCbook 3GS と 3GX
  • Sun sun4c マシン:
    • SPARCstation/server 1
    • SPARCstation/server 1+
    • SPARCstation/server 2
    • Sun ELC
    • Sun IPC
    • Sun IPX
    • Sun SLC
  • Sun4c 互換機 (以下のものを含む):
    • Aries Research Inc, Parrot II (SS2 クローン)
    • Opus/5000 (SS1 クローン)
    • Opus/5250 (SS1 クローン)
    • FORCE SPARC CPU1e/4 VME Board (SS1 クローン) (NetBSD は、このモデルの VME ボードに対応していません)
    • FORCE SPARC CPU2e/4 VME Board (SS2 クローン) NetBSD は、このモデルの VME ボードに対応していません
  • Sun sun4 マシン:
    • Sun 4/100 シリーズ
    • Sun 4/200 シリーズ
    • Sun 4/300 シリーズ
    • Sun 4/400 シリーズ

対応ハードウェア

完全な一覧は、対応ハードウェアページ をご覧下さい。

  • すべてのオンボードとほとんどの追加の Sun ブランドのフレームバッファー (あらゆるフレームバッファーはテキストコンソールとして機能します)
  • Sun ブランドのビルトインと追加のネットワークインターフェースすべて
  • ほとんどの Sun ブランドの SCSI インターフェース
  • すべてのフロッピードライブ
  • すべてのオンボード・シリアルポート
  • ほとんどの入力デバイス (キーボード、マウス、トラックボール)
  • sun4c といくつかの sun4m モデルのオーディオ
  • Voyager または sbus nell インターフェースに繋がった PCMCIA デバイス (FAQ 参照)
  • -current における、 Tadpole ts102 ( SPARCbook 3GX および 3GS ) に接続された PCMCIA デバイス
  • -current における、 DBRI オーディオ (今のところ出力のみ)

対応していない機種

  • sun4d クラスのマシン (部分的なサポート)
  • sun4u クラスのマシン (これらには NetBSD/sparc64 で対応します)
  • Solbourne マシン
  • 上に記載されていない JavaStation モデル

NetBSD/sparc Information

Mailing Lists

Current Releases

Future Releases

Related Links