Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/sun2: よくある質問

全般的な質問

他の情報源


全般的な質問

3Com 3c400 (ec) カードを持つ NFS クライアント (トップ)

3Com 3c400 (ec) Multibus イーサネットカードは、受け取った イーサネットパケットを、その長さにかかわらず二つしかバッファーできず、 残りのパケットは取りこぼします。 NFS クライアントは、特に指定しなければ、 1 回につき 8 キロバイトのリクエストを読みます。つまり、サーバーから 6 個以上のパケットが送出され、これがただちにカードを飽和させ、 3 個目以降のパケットは失われるということです。

NFS は all-or-nothing な性質を持っていることから、クライアントは 再送されただけのパケットはすべて捨てており、これが悪循環を生んでいます。 回避策は、クライアント側で mount コマンドにオプションを追加して、 NFS に一回につき 1 キロバイトのみのリクエストを要求することです:

# mount -t nfs -o -r=1024 server:directory mountpoint

SunOS との互換性 (トップ)

いつの日か、 NetBSD/sun2 は SunOS 3 および SunOS 4 プログラムの実行バイナリー との互換機能を持つようになるかもしれませんが、この作業はまだ始まっていません。

NetBSD/sun2 の歴史 (トップ)

NetBSD の sun2 ポートは、 Matt Fredette によって 2001 年 1 月に始まりました。 彼は NetBSD/sun3 1.5 リリースをもとに作業を開始し、 数箇月後にはマルチユーザーでブートさせていました。 2001 年 4 月に、 このポートの NetBSD ツリーへのマージを始めました。


他の情報源

他サイトのリソース (トップ)

NetBSD.org の追加情報 (トップ)


Back to NetBSD/sun2 ポートのページ