Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/macppc 対応機種

ここでは、ユーザーから報告があった Apple PowerPC マシンおよび互換機を 掲げます。 Motorola 680X0 CPU ベースの初期の Macintosh コンピューターについては NetBSD/mac68k を見てください。 NetBSD 1.6 で加わった対応機種には、 (1.6) 印が付いています。 NetBSD-current のみで対応している機種には、 (-current) 印が付いています。 NetBSD/macppc -current のスナップショットは、ftp.NetBSD.org にあります。

NetBSD のブートには Open Firmware が必要です。 多くの古いマシンでは、 Open Firmware がデフォルトのコンソールとして 一体型の画面やオンボードビデオを使わないようになっています。この表には、 そのような機種での典型的な使い方を載せています。より詳しくは、 input-deviceoutput-device はどう決めたらいいかを見てください。

Open Firmware を持たないマシンは、 NetBSD では未対応です。現在のところ、 mkLinux が、 これらに対応した唯一のフリー UNIX です。

PowerPC CPU アップグレードに対応していますか?どんな周辺機器に対応していますか?Open Firmware って何ですか? なぜ注意を払わねばならないのですか?私の機種の Open Firmware の動作にバグはありますか? も見てください。

ページ内への近道

Table1.NetBSD/macppc の機種別対応状況

機種 CPU/速度
(XXX MHz または X.XX GHz)
ロジックボード
(コードネーム)
OF
バージョン
対応 非対応 不明 備考 / 注意
Apple PowerBook 各機種
PowerBook 1400,2300,5300 603e/100, 117, 133, 166 M2 n/a     PCI bus なし (Open Firmware なし)
PowerBook 2400/180 603e/180 Comet 2.0.1 ○    
PowerBook 2400/240 603e/240 Mighty Cat 2.0.1 ○    
PowerBook 3400 603e/180, 200, 240 Hooper 2.0.1 ○     内蔵 HD boot-device /bandit/ohare/ata/ata-disk@0:0
Open Firmware に入る前に PRAM の内容を消しておく必要があるかも
オンボードイーサネットは動作しない可能性あり
フロッピーまたは内蔵ハードディスクからのみブート可能!
PowerBook G3 G3/250 Mainstreet 2.0.1 ○    
PowerBook G3 Series G3/233, 250, 292 Wallstreet 2.0.1 ○     脚註参照
PowerBook G3 Series G3/233, 266, 300 PDQ 2.0.1 ○     起動音の鳴る前に Command-Option-O-F を押し続ける必要がある可能性あり
PowerBook G3 Series
(bronze keyboard)
G3/333, 400 Lombard >3 ○    
PowerBook G3
(FireWire)
(1.5.1)
G3/400, 500 Pismo >3 ○     脚註参照
PowerBook G4
(Titanium)
(1.5.1)
G4/400, 500 Mercury >3 ○     脚註参照
PowerBook G4
(Gigabit Ethernet)
(1.6)
G4/550, 667 Onyx >3 ○     脚註参照
PowerBook G4
(DVI)
(1.6)
G4/667, 800 Ivory >3 ○     脚註参照
PowerBook G4
(1 GHz/867 MHz)
G4/867, 1.0   >3     △ 未確認だが、動作するはず
PowerBook G4 (12-inch) (2.0) G4/867   >3 ○     内蔵モデムには未対応
PowerBook G4 (17-inch) (2.0) G4/1.0   >3 ○     内蔵モデムには未対応
PowerBook G4 (12-inch DVI) (2.0) G4/1.0   >3 ○     内蔵モデムには未対応
PowerBook G4
(15-inch FW 800)
G4/1.0, 1.25   >3     △ 未確認だが、動作するはず
PowerBook G4
(17-inch 1.33GHz)
G4/1.33   >3     △ 未確認だが、動作するはず
PowerBook G4 Family (2.0) G4/1.33, 1.5   >3 ○     内蔵モデムには未対応
CPU の速度は sysctl で設定可能
Apple Power Macintosh 各機種
4400 and 7220 603e/160, 200 Tanzania 2.0.2 ○     脚註参照
5500,6500 603e/225, 250, 275, 300 Gazelle 2.0.3 ○     脚註参照
(Performa)52xx,53xx,62xx,63xx 603e/75, 100, 120 Codyceps n/a     PCI bus なし (Open Firmware なし), 6360,6300/160 については下記参照
(Performa)54xx,6400 603e/120, 160, 180, 200 Alchemy 2.0 ○     脚註参照
6300 603e/160 Alchemy 2.0 ○     動作するのは 160 MHz の機種のみ
(Performa)6360 603e/160 Alchemy 2.0 ○     脚註参照
20th Anniversary 603e/250 Alchemy 2.0.3     △ 脚註参照
61xx,71xx,81xx, WGS 9150 601/60, 66, 80, 100, 110, 120 PDM, BHA, ColdFusion n/a     Nubus (Open Firmware なし)
7200 601/75, 90, 120 Catalyst 1.0.5     PPC601
7300 604e/166, 180, 200 TNT (Inertia?) 1.0.5 ○     output-device /chaos/control
7500 601/100 TNT 1.0.5 △     PPC601 CPU を 604 、 G3 または G4 に換装する必要あり
output-device /chaos/control
7600 604e/120, 132, 200 TNT 1.0.5 ○     output-device /chaos/control
8200 601/100, 120 Catalyst 1.0.5     PPC601
8500 604/120, 132, 150, 180 Nitro 1.0.5 ○     output-device /chaos/control
8550 Workgroup Server 604/132, 604e/200 Nitro 1.0.5 ○     output-device /chaos/control
CD-ROM は出荷時の「外部」 esp バス上では動作しない
8600 604e/200 Nitro 1.0.5 ○     output-device /chaos/control
8600 604e/250, 300 Kansas 1.0.5 ○     output-device /chaos/control
9500 (1.5) 604/120, 132 Tsunami 1.0.5 ○     output-device/ATY,mach64
いかなるデバイスからのブートにも、 内蔵 cdrom ドライブは外す必要あり
9500 604/150, 604e/180, 180DP, 200 Tsunami 1.0.5 ○     脚註参照
9600 604e/200, 200DP, 233 Tsunami 1.0.5 ○     脚註参照
9600 604e/300, 350 Kansas 1.0.5 ○     脚註参照
Power Macintosh G3
(Desktop, Mini Tower, AIO)
(ATI RageII+)
G3/233, 266, 300 Gossamer 2.0f1 ○     脚註参照
Power Macintosh G3
(Desktop, Mini Tower, AIO)
(Rage Pro)
G3/266, 300, 333 Gossamer 2.4 ○     脚註参照
Power Macintosh G3
(Blue and White)
G3/300, 350, 400, 450 Yosemite >3 ○     Adaptec 2930 SCSI カードは (1.5) 以降でのみ動作
Power Macintosh G4
(PCI Graphics)
G4(7400)/350, 400 Yikes! >3 ○    
Power Macintosh G4
(AGP Graphics)
(1.5)
G4(7400)/350, 400, 450, 500 Sawtooth >3 ○    
Power Macintosh G4
(Gigabit Ethernet)
(1.5)
G4(7400)/400, 450DP, 500DP Mystic >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
Power Macintosh G4 Cube (1.5) G4(7400)/450, 500   >3 ○    
Power Macintosh G4
(Digital Audio)
(1.5)
G4(7410)/466, 533DP
G4(7450)/667, 733
  >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
Power Macintosh G4
(Quicksilver)
(1.6)
G4(7450)/733, 800DP, 867   >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
Power Macintosh G4
(Quicksilver 2002)
(1.6)
G4(7445)/800
G4(7455)/933, 1.0DP
  >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
Power Macintosh G4
(Mirrored Drive Doors)
G4(7455)/867DP, 1.0DP, 1.25DP   >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
Power Macintosh G4
(Mirrored Drive Doors 2003)
G4(7455)/1.25, 1.25DP   >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
Power Macintosh G4
(FW 800)
(1.6.1)
G4(7455)/1.0, 1.25DP, 1.42DP   >3 ○     2.0 ではセカンド CPU に対応
ATA 100 バスは (1.6.1) では非対応
Power Macintosh G5 G5(970)/1.6, 1.8, 2.0DP   >3 ○     PPC970 (別名 G5) CPU には 5.0 で対応
Power Macintosh G5 G5(970fx)/1.8DP, 2.0DP, 2.5DP   >3 ○     PPC970 (別名 G5) CPU には 5.0 で対応
Power Macintosh G5 G5(970MP)   >3 ○     PPC970 (別名 G5) CPU には 5.0 で対応
Apple Network Server
ANS 500(1.5) 604/132   1.1.22 ○     脚註参照
ANS 700 (1.5) 604/150, 604e/200   1.1.22 ○     脚註参照
Apple Xserve 各機種
Xserve (1.6) G4(7455)/1.0, 1.0DP   >3 ○    
Xserve (Slot Load) (2.0) G4(7455)/1.33, 1.33DP   >3 ○    
Xserve G5 G5(970)/2.0, 2.0DP   >3 ○     PPC970 (別名 G5) CPU には 5.0 で対応
Apple iMac 各機種 ( TIL 58669 参照)
iMac (Bondi Blue)
(rev A and B)
G3/233 Columbus >3 ○    
iMac (5 Flavors)
(rev C and D)
G3/266, 333 Lifesavers >3 ○    
iMac, iMac DV (Slot Loading) (1.5) G3/350, 400 Kihei >3 ○    
iMac (Summer 2000)(1.5) G3/350, 400, 450, 500   >3 ○     Firmware Update 4.1.9 が (1.5.2) で ATA4 関係の問題を起こすとの報告が 2 件
iMac (Early 2001) (1.5.1) G3/400, 500, 600   >3 ○    
iMac (Summer 2001)(1.6) G3/500, 600, 700   >3 ○    
iMac (Flat Panel),
iMac (17-inch) Flat Panel
G4(7441)/700, G4(7445)/800   >3     △ 未確認だが、動作するはず
eMac(1.6) G4(7441)/700   >3 ○    
iMac (17-inch 1GHz) G4(7445)/1.0   >3     △ 未確認だが、動作するはず
eMac (ATI Graphics) (1.6.1) G4(7441)/800, 1.0   >3 ○    
iMac (USB 2.0) (2.0) G4(7445)/1.0, 1.25   >3 ○    
eMac (USB 2.0) G4(7447A)/1.25   >3     △ 未確認だが、動作するはず
iMac G5 G5(970)/1.6, 1.8   >3 ○     PPC970 (別名 G5) CPU には 5.0 で対応
Apple iBook 各機種 ( TIL 88039 参照)
iBook, iBook SE (1.5.1) G3/300, 366 P1 >3 ○     内蔵モデムには未対応
iBook (FireWire)
iBook SE (FireWire)
G3/366, 466   >3     △ 未確認だが、動作するはず
iBook (Dual USB) (1.5.1) G3/500 Marble >3 ○     内蔵モデムには未対応
iBook (Late 2001)(1.6) G3/500   >3 ○     内蔵モデムには未対応
iBook (14.1 LCD) G3/600   >3     △ 未確認だが、動作するはず
iBook (16VRAM) (1.6)
iBook (14.1 LCD 16VRAM)
G3/600, 700   >3 ○     内蔵モデムには未対応
iBook (Opaque 16 VRAM)
iBook (32 VRAM) (1.6.1)
iBook (14.1 LCD 32 VRAM)
G3/700, 800   >3 ○     内蔵モデムには未対応
iBook (Early 2003) G3/800, 900   >3     △ 未確認だが、動作するはず
iBook G4
iBook G4 (14-inch) (2.0)
G4(7457)/800, 933, 1.0   >3 ○     内蔵モデムには未対応
iBook G4 (Early 2004)
iBook G4 (14-inch Early 2004)
G4(7447A)/1.0, 1.2   >3     △ 未確認だが、動作するはず
iBook G4 (Late 2004)
iBook G4 (14-inch Late 2004)
G4(7447A)/1.2, 1.33   >3 ○     内蔵モデムには未対応
Apple Mac mini
Mac mini (3.0) G4(7447A)/1.25, 1.42   >3 ○    
Macintosh 互換機
Motorola Starmax
Starmax 3000 603e/160, 180, 200, 240 Tanzania 2.0.2 ○     脚註参照
Starmax 4000 604e/160, 200 Tanzania 2.0.2 ○     脚註参照
Starmax 5000 (ATI) 603e/225, 250, 275, 300 Tanzania II 2.0.2 ○     脚註参照
Starmax 5000 (Twin Turbo) 603e/300 Tanzania II 2.0.2     △ 未確認だが、動作するはず
Starmax 5500 604e/200 Tanzania II 2.0.2 ○     脚註参照
Power Computing
Power 601/80, 100, 110, 120 ColdFusion n/a     Nubus (Open Firmware なし)
PowerCurve 601/120 Catalyst 1.0.5     PPC601
PowerBase 603e/180, 200, 240 Alchemy 2.0 ○     output-device /bandit/ATY,mach64_3D_pcc
PowerCenter 604/120, 132, 150, 166, 180 Catalyst 1.0.5 ○     オンボード "platinum" ビデオは Open Firmware で使えず、シリアルコンソールを使う必要あり
PowerCenter Pro 604e/180, 210, 240 Catalyst 1.0.5 ○     脚註参照
PowerTower 604/166, 180, 604e/180, 200 Catalyst 1.0.5 ○     output-device /bandit@F2000000/ATY,XCLAIM@D
オンボードビデオ使用時はブートしない 可能性あり
PowerTower Pro 604e/180, 225, 225DP, 250, 250DP Tsunami 1.0.5 ○     脚註参照
PowerWave 604/120, 132, 150 Tsunami 1.0.5 ○     output-device /bandit/ATY,XCLAIM
Apus 2000, C500 603e/140, 160, 180, 200, 240 Alchemy 2.0 ○     脚註参照
Apus 3000, C600 603e/160, 180, 200, 240, 280 Alchemy 2.0 ○     脚註参照
J700 (Centauri) 604/150, 604e/180, 200, 233 Tsunami 1.0.5 ○     脚註 1 参照
脚註 2 参照
S900 (Pulsar) 604/150, 604e/180, 200, 225, 233, 240, 250, 250DP Tsunami 1.0.5 ○     脚註 1 参照
脚註 2 参照
APS Tech
M*Power 604e/200 604e/200 Tanzania 2.0.2 ○     脚註参照

PowerBook G3 Series (Wallstreet)
Open Firmware に入るためのキー押下のタイミングが、非常に 難しいものです
メディアベイ CD-ROM 用ブートコマンド: boot ide1/@0:0,\OFWBOOT.XCF
フロッピードライブは左側のメディアベイでなければなりません
Open Firmware の起動コマンド: boot fd2:,\OFWBOOT.XCF
PowerBook G3 (FireWire), PowerBook G4 (Titanium), PowerBook G4 (Gigabit Ethernet), PowerBook G4 (DVI)
いくつかの FAQ 項目を参照: PowerBook (FireWire)、 PowerBook G4 (Titanium) と BootROM 4.1.8 および ほえ〜、 マシンの電源が落ちます!
NetBSD 1.5 以前では、内蔵キーボードとトラックパッドに対応していません。 NetBSD 1.6 以降を使うようおすすめします。
内蔵モデムには未対応です。
PowerPC 601 ベースの機種

PowerMac 7200 シリーズおよび 8200 シリーズ、オリジナルの 7500 は、 PowerPC 601 マイクロプロセッサーで動いています。 この点を除いては、チップセットは他の初期の PCI PowerMac と実質的に同じです。 現時点では、カーネルが PPC601 に対応していませんが、 これを追加すれば、これらの機種については動作するでしょう。

7500 マシンは、ドーターカードに載った 601 を搭載しており、これは 604 、 G3 、 G4 に換装できます。 ドーターカードを換装するだけで、 NetBSD/macppc が動作します。 604 カードの価格は US$30 ほどです。

7200 マシンはマザーボード上に 601 プロセッサーが直付けされています。 これを 604 、 G3 、 G4 にアップグレードする簡単な方法はありません。


Apple PowerMacintosh 4400 および 7220, Motorola Starmax 3000 および 4000, APS Tech M*Power 604e/200
System Disk はこれらの機種には非対応のようです (下記参照)。
PowerMacintosh 4400 および 7220 のオンボードビデオの output-device は /bandit/ATY,264VT
Motorola Starmax 3000 および 4000 のオンボードビデオの output-device は /ATY,264VT@11
APS Tech M*Power 604e/200 のオンボードビデオの output-device は screen
CD-ROM からブートするには、 IDE ケーブルの入れ替えが必要かもしれません。 Open Firmware は、これらのマザーボードの一番目の IDE コントローラーからの ブートしかできませんし、 CD-ROM は二番目のものに繋がっています。 一旦ブートしてしまえば、 NetBSD は二番目の IDE コントローラー上のハードドライブにアクセス可能です。
Twentieth Anniversary Macintosh
System Disk はこれらの機種には非対応のようです (下記参照)。
デフォルトはシリアルコンソールであり、また、ディスプレイが同期しません (詳細は投稿記事を 参照)
内蔵 SCSI バスからのブートはできません (SCSI へアクセスしようとして Open Firmware が固まります)
ネットワークからのブートはできません (内蔵イーサネットがありません)
フロッピーか内蔵 IDE ハードドライブからブートできる可能性があります
Apple Performa 5500, 6500
System Disk はこれらの機種には非対応のようです (下記参照)。
オンボードビデオの output-device は /bandit/ATY,264GT-B です。
5500 (とおそらく 6500 も) は、 Open Firmware に入る際にディスプレイの 輝度を最低の設定 (真っ暗) にします。オンボードビデオを使うためには、 以下のパッチを nvramrc 内に書いておく必要があります:
cpoke 0a7 0f3000032
cpoke 093 0f3000033
cpoke 03e 0f300003a
以上を BootVars を使って、またはシリアルコンソール経由で入力する必要があるでしょう。 nvramrc へのパッチ当てについて、さらなる手引は NetBSD/macppc nvedit HOW-TO を参照してください。
Apple Performa 54xx, 6400, 6360

System Disk はこれらの機種には非対応のようです。 (下記参照)。
Open Firmware の output-device のデフォルトは ttya ですが、 ttya は (内蔵されていれば) 内蔵モデムです。 このため、内蔵モデムがある場合、 Boot Variables を使ってコンソールを ttyb にします。

オンボードビデオを使っている場合は、 NetBSD/macppc がブートできない可能性があります (下記参照).


Apple PowerMacintosh 9500/150, 180, 180DP, 200
Open Firmware の output-device のデフォルトは ttya です。
Open Firmware output-device については、 下記を見てください。
screen/kbd を使うと、 NetBSD はブートしません。 (ttya か ttyb をコンソールとして使います)
いかなるデバイスからブートする場合でも、 内蔵 cdrom ドライブは外さねばなりません。
ブートデバイスとしては SCSI ID 0 のみが指定可能のようです。 (要確認)
180DP ドーターカードでも動作しますが、デフォルトではプロセッサーはひとつしか使われません。 CPU を両方使うには、 NetBSD/macppc 2.0 かそれ以降の netbsd-GENERIC.MP というカーネルを使う必要があります。
Apple PowerMacintosh G3 (Beige G3, Revision 1, Open Firmware 2.0f1)
この機種は、ブートが難しいという悪評があります。
  • 最適解は、ブートデバイスやファイルを Open Firmware のコマンドラインで直接指定せずに、 Open Firmware の boot-deviceboot-file 変数を設定することです。 設定後、設定値を保存するために reset-all する必要があります。
  • あらかじめ System Disk を使わないと、 Open Firmware は SCSI や IDE ハードドライブからブートしません
  • フロッピーからのブートは、一回目は失敗します。 もういちど試してください。
  • Open Firmware はスレーブ IDE デバイスからはブートできません
  • Zip ドライブにも、ブートに関する問題がありえます
  • 内蔵ハードドライブは、以下の例のように boot-device として設定しておかないと、そこからブートできない可能性があります。
    0 > setenv boot-device ide0/disk@0:0
    0 > setenv boot-file netbsd
    0 > reset-all
  • 内蔵 CD-ROM ドライブは、以下の例のように boot-device として設定しておかないと、そこからブートできない可能性があります。
    0 > setenv boot-device ide1/disk@0:0,ofwboot.xcf
    0 > setenv boot-file netbsd_GENERIC_MD.gz
    0 > reset-all

Apple PowerMacintosh G3 (Beige G3, Revision 2, Open Firmware 2.4)
この機種は、ブートが難しいという悪評があります。
  • 最適解は、ブートデバイスやファイルを Open Firmware のコマンドラインで直接指定せずに、 Open Firmware の boot-deviceboot-file 変数を設定することです。 設定後、設定値を保存するために reset-all する必要があります。
  • あらかじめ System Disk を使わないと、 Open Firmware は SCSI や IDE ハードドライブからブートしません
  • Open Firmware はフロッピーディスクからはブートできません
  • たとえ System Disk を実行したとしても、 Open Firmware は CD-ROM からのブートはできないようです
  • Zip ドライブにも、ブートに関する問題がありえます
  • 一番いい方法は、インストーラーをネットブートさせて、 IDE ハードドライブへインストールする。 Fabrice Delambre の 記事をご覧ください。
  • システムを自動的にブートさせることはできない可能性があります
  • boot コマンドではなく 0 bootr を使ったり、 boot-command を設定して待ち時間を挿入する必要があるかもしれません
    0 > setenv boot-command begin ['] boot catch 999 ms cr again
    0 > reset-all
    0 > 0 bootr
  • 内蔵ハードドライブは、以下の例のように boot-device として設定しておかないと、そこからブートできない可能性があります。
    0 > setenv boot-device ide0/disk@0:0
    0 > setenv boot-file netbsd
    0 > reset-all
  • 内蔵 CD-ROM ドライブは、以下の例のように boot-device として設定しておかないと、そこからブートできない可能性があります。
    0 > setenv boot-device ide1/disk@0:0,ofwboot.xcf
    0 > setenv boot-file netbsd_GENERIC_MD.gz
    0 > reset-all
  • Apple 53c875 Ultra Wide SCSI ホストアダプターを持つ G3/300 は、 以下のコマンドでブートできます:
    0 > setenv boot-device /pci/Apple53C875Card/sd@0:0
    0 > setenv boot-file netbsd
    0 > reset-all

Apple Network Server 500, 700

シリアルコンソール (Open Firmware のデフォルトはマシン背面にある "Port 2" です) を使わなければなりません。

シリアルコンソールの設定は 38400 bps、 8 ビット、パリティーなし、 ストップビット 1、フロー制御なしにする必要があります。また、 2 台の Mac (m68k ベースの Mac でも可) 同士をつなぐ場合には、標準的な Mac の 「プリンター」ケーブルを使うことができます。さらなる手引きについては、 NetBSD シリアルポート入門を見てください。
ttya はマシン背面の "Port 2" 、 ttyb は "Port 1" です。

内蔵イーサネット mc0 は動作しません。 (timeout エラーとなります)
NetBSD 1.5 以前のバージョンをインストールするためには、 カーネルに SCSI コントローラーのドライバーを組み込む必要があります。 Aris Colp が、 1.4.2 でブート可能なシステムを作るための boot.fsncr.c を提供しています。 (他のマシンで、 ncr ドライバーを含むカーネルをコンパイルする必要があります)


マザーボード上にビデオがない機種
いくつかの機種では、マザーボード上にビデオ回路がありません。 ビデオカードが PCI スロットに接続されています。 Open Firmware は、ビデオカードの種類と PCI スロットの位置によって、 異なるデバイス名を使います。 そのため、ここでは output-device を示すにとどめます。 もし動作しない場合は、 PCI ビデオカードを使う方法は? を見てください。
機種 output-device
9500/150,180,180DP,200 /bandit@F4000000/ATY,mach64@D
9600/200,200DP,233 /bandit@F4000000/IMS,tt128mbA@F
9600/300,350 pci2/@F
PowerTower Pro /bandit@F4000000/IMS,tt128mb8@F
Umax S900 /bandit/IMS,tt128mb

オンボードビデオが使えない機種
いくつかの機種ではオンボードビデオが Open Firmware と協調せず、 NetBSD/macppc のブートを妨害します。このような機種で NetBSD/macppc を動かすためには、シリアルコンソール またはサードパーティー製 PCI ビデオカードを使う必要があります。
  • Performa 54xx、 6360、 6400
  • PowerComputing PowerCenter および PowerTower
  • Umax C600 および Apus 3000

System Disk のサポート外の機種

下記に掲げる機種は、 System Disk ではサポートされません。これらの機種で 使おうとすると文句を言われます。かわりに、 Boot Variables を使って、 output-device のデフォルト値といった、 Open Firmware の設定を変更します。

  • PowerMacintosh 4400, 7220
    Motorola Starmax 3000, 4000, 5000, 5500
    APS Tech M*Power 604e/200
  • Performa 5500, 6500
  • Performa 54xx, 6400, 6360
    PowerComputing PowerBase
    Umax Apus 2000, Apus 3000, C500, C600
  • Umax S900


PowerComputing PowerCenter Pro
Adaptec UltraSCSI カード (Open Firmware 非対応) からはブートできません
Mac DB15 ビデオコネクターの場合は、 output-device pci1/@D
PC HD15 ビデオコネクターの場合は、 output-device /bandit/ATY,mach64_3D_pcc
Motorola Starmax 5000
System Disk はこれらの機種には非対応のようです。 (上記参照)。
screen の Open Firmware output-device は /bandit@F2000000/ATY,RAGEII_M@11 です。 (モニターの状態は同期しないでしょう)
ZIP ドライブは外す必要があります。
SCSI と IDE は、いずれか一方だけが使えるようです。
SystemDisk からは SCSI/IDE に関する情報を得られません。
Umax C500, C600, Apus 2000, Apus 3000
SCSI デバイスからブートする場合、内蔵 cdrom ドライブは 外さねばなりません。
System Disk は C500 非対応 (上記参照) ですが、 Matthew Reilly によれば、 SCSI ドライブからのブートに使えるとのことです。
C600 と Apus 3000 では、オンボードビデオを使っていると、ブート できない可能性があります (上記参照) 。

Back to NetBSD/macppc Port Page