Skip to main content.
Google custom search

ハードウェアドキュメンテーション: NetBSD シリアルポート入門

NetBSD シリアルポート入門


NetBSD シリアルポート入門

全般的な情報 (トップ)

このドキュメントは、お手持ちのハードウェア附属のドキュメンテーションを 補足するものです。すなわち、一部の NetBSD 対応プラットフォームの シリアルポートへの接続に関する問題の概要を、いくつか説明します。 多くのプラットフォームでは、シリアルコンソールを使うことが必須あるいは 可能ですが、コネクター配線方法について混乱があるかもしれません。

簡単にいうと、ほとんどのコンピューターは DTE (Data Terminal Equipment - データ端末装置) 、ほとんどのモデムやダム端末は DCE (Data Communication Equipment - データ通信装置) です。 (PC を PPP サーバーや端末として使うと いったように) DTE と DTE をつなぐためには、ヌルモデム ケーブルでつなぐことが必要です。このケーブルは、送出と受入のデータを入れ換え、 またハンドシェーク線を持っています。

シリアルプロトコルの仕様上、さまざまなハンドシェークや、モデム 線が存在します。これらにより、 DTE や DCE 装置は情報の流れを調節できます (受信側がこれ以上データを受けられない場合、受けられるようになるまで待つよう 相手方に伝えるなど) 。より詳しく正確な説明については、 上記の参考文献を参照するようおすすめします。

お使いのハードウェアでシリアルコンソールを使えるようにする方法は (対応して いる場合) 、そのポートの FAQ か、ハードウェアリファレンスを参照してください。 多くのプラットフォームでは、キーボードとマウスを外すだけでよいです。 このほかでは、フレームバッファーを外す必要があったり、また、シリアルコンソール を使うよう明示的に bootrom や PROM を設定する必要があるものもあります。 もっとも一般的な設定は 9600 bps、 8 ビット、パリティーなし、ストップビット 1 です。ハンドシェークの必要な条件はプラットフォームによって異なります。

覚えておいていただきたいのは、お使いのシステムの bootROM、ファームウェア などがシリアルコンソールをサポートしている場合、 NetBSD はそのことに気付く程度 には賢いということです。つまり、たいていは /etc/ttys で別途 ttys(5) を用意すべきではありません。 しかしながら、コンソールのエントリーに適切な端末型が書かれているようにするため、 ここを書き換える (たとえば、 'sun' を 'vt100' に変更するなど) 必要はあるかもしれません。

いくつかのプラットフォームでは、恒常的に続くゼロは、シリアル BREAK と等価です。たとえば sparc システムにおいては、 これはシステムに bootrom プロンプトに落ちるよう促します。お使いのシステムで シリアルケーブルを外すとシステムが応答しなくなる場合は、このことを 覚えておいてください。

コネクターの種類とピン配置 (トップ)

3 種類の主なコネクタータイプ─ DB25、 DB9、 MiniDIN8 ─があります。 ピンの付番は、つぎのようにするならわしです (メスのコネクターでは逆になります):

MiniDIN8 (オス)

   8 7 6
  5   4 3
    2 1

DB25 (オス)

  1                         13
 _______________________________
 \  . . . . . . . . . . . . .  /
  \  . . . . . . . . . . . .  /
   ---------------------------
   14                       25

DB9 (オス)

   1         5
 _______________
 \  . . . . .  /
  \  . . . .  /
   -----------
    6       9

RJ-11 (オス)

 _!=!_
| | | |
-------
1 2 3 4

さまざまなプラットフォーム用のシリアルポートピン配置 (トップ)

残念ながら、すべてのベンダーがシリアル線のピン番号の標準に従っているわけでは ありません。特に、 MiniDIN8 コネクターを使っているベンダーは、すべて 変えてしまっています。もし、ハンドシェーク線を使わないのであれば、 すべての MiniDIN8 ケーブルは、どのシステムでも機能するはずです (すなわち、 TxD、 RxD、 GND はすべて同じ位置にあります) 。一部のベンダーは、 (DTR、 DSR、 DCD シグナリングを考慮して) これらを違った形で結線するので、 Macintosh モデムケーブルには気を付けてください -- いかなる仮定もせずに、 マルチメーターを使って結線をチェックすべきです。

signal name standard DB9 standard DB25 mac MiniDIN8 next68k MiniDIN8 sgi MiniDIN8 sparc MiniDIN8 hp300 DB9 dir full name comment
TxD 3 2 3 3 3 3 2 out Transmit Data data
RxD 2 3 5 5 5 5 3 in Receive Data data
RTS 7 4 - 6 6 6 4 out Request To Send handshake
CTS 8 5 - 8 2 2 5 in Clear To Send handshake
DTR 4 20 - 1 1 1 1 out Data Terminal Ready status
DSR 6 6 - - - - 6 in Data Set Ready status
RI 9 22 - - - - 9 in Ring Indicator status
DCD 1 8 - 2 7 7 8 in Data Carrier Detect status
RTxC - 17 - 7 - 8 - in Receive Clock
HSKo - - 1 - - - - out Output Handshake mac-specific (usually RTS)
HSKi - - 2 - - - - in Input Handshake mac-specific (usually CTS)
TxD+ - - 6 - - - - out RS-422 Transmit Data (+)
RxD+ - - 8 - - - - in RS-422 Receive Data (+)
GPi - - 7 - - - - in General Purpose Input may be used for RI or handshaking
GND 5 7 4 4 4,8 4 7 n/a Signal Ground
- - 1 - - - - - n/a Protective Ground cable shield (do not use for Signal Ground)

注意: Macintosh (mac68k および macppc) システムは、 送信および受信用に平衡型の対 (正と負の線) を持つ RS-422 プロトコルを使います。 平衡型の RS-422 線をシングルエンドの RS-232 線と繋ぐには、正の受信データ線 (RxD+) を ground 信号に繋ぎ、負の送信データ線 (TxD+) はどこにも繋がないようにします。 HSKo と HSKi の結線方法はアプリケーションに依存しますが、普通は HSKo は RTS として、 HSKi は CTS として使われます。また、一部のケーブルメーカーでは DCD、 DTR、 DSR シグナルを様々に MiniDIN8 線に割り当てています。 詳細については、Interfacing a Mac Serial Port to RS-232 Lab Equipment を参照してください。 初代の Mac 128k や 512k の機種の DB9 コネクターのピン配置は標準と異なりますので、 大昔の Apple のケーブルには注意してください。

注意: 通常の sparc システムはシリアルに DB25 コネクター を使っていますが、一部の sparc システムは MiniDIN8 コネクターを使っています。 この MiniDIN8 ピン配置は上記リストに掲げたとおりです。また、 DB25 ベースの システムの一部では、 2 個のシリアルポートをサポートするブレークアウトケーブル (A/B) を持っています。このケーブルのピン配置については FAQ を参照してください (1 個めのシリアル線は標準的な DB25 の配置となっています─つまり、 アダプターは不要です) 。

注意: next68k システムはすべて、 2 個の MiniDIN8 シリアルポートを持っています。 NEXTSTEP システム管理者マニュアルには、 NeXT システム向けのシリアルケーブルの例がいくつか載っています。 詳細は、 オンラインバージョンか、 Radical System Solutions: NeXT Serial / Modem Cables を参照してください。

注意: hp300 システムのうち 98562 システムインターフェースボードを使っているものはすべて、 DB9 ピン配置が標準と異なります。この配置は、上のリストに掲げたとおりです。 シリーズ 400 の機種はすべて、 3 個のシリアルポートをサポートする ブレークアウトケーブルを持っています。このケーブルのピン配置については FAQ を参照してください (1 個めのシリアル線は標準的な DB25 の配置となっています─つまり、アダプターは不要です) 。 さらに、 948642A カードは RJ-11 ジャックを使う 4 個のシリアルポートをサポートしています。 これら以外のユーザーはすべて、標準的な DB9 か DB25 コネクターを使うことになります。

モデム信号を通す通常のケーブル (トップ)

ヌルモデム DB25 to DB25 ケーブル

DB25                   DB25
----                   ----
1 GND  --------------- 1 GND
2 TxD  --------------- 3 RxD
3 RxD  --------------- 2 TxD
4 RTS  --------------- 5 CTS
5 CTS  --------------- 4 RTS
7 GND  --------------- 7 GND
6 DSR  ---+
          +----------- 20 DTR
8 DCD  ---+
                 +---- 6 DSR
20 DTR ----------+
                 +---- 8 DCD

ヌルモデム DB25 to DB9

DB25        DB9
----        ---
1 GND  ---  1 GND
2 TxD  ---  2 RxD
3 RxD  ---  3 TxD
4 RTS  ---  8 CTS
5 CTS  ---  7 RTS
7 GND  ---  5 GND
6 DSR  ---  4 DTR
20 DTR ---  6 DSR

モデム MiniDIN8 to DB25 (Macintosh、 非ヌルモデム)

RxD+ は ground に短絡され、 TxD+ と GPi は宙に浮いていることに注意。 RxD+ は、 MiniDIN8 側ではなく、できるかぎり DB25 の近くで短絡させるべきです。 もし可能なら、 RxD+ と RxD- はツイストペアーにしてください。

MiniDIN8           DB25
--------          ----
1 HSKo ----------- 4 RTS
2 HSKi ----------- 5 CTS
3 TxD- ----------- 2 TxD
5 RxD- ----------- 3 RxD
4 GND  ---+
          +------- 7 GND
8 RxD+ ---+
6 TxD+ ---x
7 GPi  ---x

ヌルモデム MiniDIN8 to MiniDIN8 (Macintosh "プリンター" ケーブル)

MiniDIN8   MiniDIN8
--------   --------
1 HSKo --- 2 HSKi
2 HSKi --- 1 HSKo
3 TxD- --- 5 RxD-
4 GND  --- 4 GND
5 RxD- --- 3 TxD-
6 TxD+ --- 8 RxD+
7 GPi  --- 7 GPi
8 RxD+ --- 6 TxD+

他の情報源 (トップ)


Back to ハードウェアドキュメンテーション