Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/ofppc

ofppc-logo

About NetBSD/ofppc

NetBSD/ofppc は、 Open Firmware および CHRP (Common Hardware Reference Platform) にもとづく PowerPC マシンに NetBSD を移植したものです。 そして、これは NetBSD として最初の、PowerPC プロセッサー向けの実装です。

NetBSD/ofppc News

2010-12-31: RDB パーティショニングに対応
ofwboot ブートローダーおよびカーネルが RDB パーティショニング形式を取り扱えるようになりました。 これにより、Pegasos ユーザーが、NetBSD, MorphOS, AmigaOS を同じディスクから起動させることができるようになりました。
2008-01-17: IBM 7044-270 に対応
NetBSD/ofppc が IBM 7044-270 (POWER3-II cpu) に移植されました。 このマシンの CPU は、近代的な POWER4 および POWER5 チップのもととなった 64 ビット POWER3-II です。このマシン上では、現在、 NetBSD は 32 ビットモードでのみ動作します。詳細は、 公式発表をご覧ください。
2008-01-09: ofppc の新ポートマスター
Tim Rightnour が NetBSD/ofppc のポートマスターに就任しました。 詳細は、 公式発表にあります。
2007-12-10: NetBSD/ofppc の復活
NetBSD/ofppc が基礎から書き直された結果、 動作可能な状態となり、NetBSD の対応ポートとして復活しました。 本ポートは現在、bplan/Genesi Pegasos II 上でシングルユーザーモードにまでブートします。 最初のブートの dmesg など、さらなる情報は、 port-ofppc での発表にあります。

Archive of NetBSD/ofppc news items

対応システムモデル

現在、NetBSD/ofppc は以下の機種に対応しています。

  • Genesi/bplan Pegasos II
  • IBM 7044 Model 270
  • IBM 7046 Model B50