Skip to main content.
Google custom search

NetBSD/sparc64

sparc64-logo

About NetBSD/sparc64

NetBSD/sparc64 は Sun の 64ビット UltraSPARC 機 への NetBSD のポートです。 sparc64 向けの最初のバイナリーリリースは NetBSD 1.5 でした。 NetBSD/sparc64 は、 UltraSPARC I, II, IIi および IIe CPU を使用した Sbus ベースの UltraSPARC システムおよび PCI ベースの UltraSPARC システムなど、 多くのシステムに対応しています。

NetBSD/sparc64 は、 32 ビットおよび 64 ビットカーネルの両方をサポートしています。 32ビットカーネルはすべての NetBSD/sparc バイナリーを実行します。 64ビットカーネルでは 64ビットバイナリーが走り、 そのうえ、いくつかの低レベルのカーネル精査ツールを除く、 ほとんどの 32ビットバイナリーの実行もサポートされています。 NetBSD/sparc64 はさらに、 Solaris の 64 ビットおよび 32 ビットのバイナリーを、 エミュレーションにより実行することができます。compat_netbsd32(8), compat_solaris(8) および pkgsrc のパッケージ emulators/netbsd32_compat16 をご覧ください。

Martin Husemann と Andrey Petrov が、 NetBSD/sparc64 のメンテナーです。

よくある質問や、 Sun ハードウェア情報へのリンクについては、 NetBSD/sparc64 FAQ をご覧ください。

より古い 32 ビット SPARC ベースのマシンについては、 NetBSD/sparc をご覧ください。

NetBSD/sparc64 News

2008-03-15: SMP がほぼ動作
Takeshi Nakayama が、-current への修正を commit し、 SMP が実際に動作するようにしました (彼のマシンは build.sh -j 4 の実行に堪えました)。 発表の メールをご覧ください。
2007-05-07: pkgsrc-2007Q1 のバイナリーパッケージ
Havard Eidnes が pkgsrc-2007Q1 枝の NetBSD/sparc64 4.0_BETA2 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2007Q1/NetBSD-4.0/sparc64/ にアップロードしました。 さらなる情報は、彼の発表をお読みください。
2007-03-18: NetBSD/sparc64 3.0 用バイナリーパッケージ更新
Julian Coleman が、NetBSD/sparc64 3.0.2 上での pkgsrc-2006Q4 のバルクビルドによる、更新版のパッケージが利用可能となったことを 発表しました。 このパッケージは以下の場所にあります: ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2006Q4/NetBSD-3.0/sparc64/
2007-01-25: pkgsrc-2006Q4 のバイナリーパッケージ
Havard Eidnes が pkgsrc-2006Q4 枝の NetBSD/sparc64 4.0_BETA2 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2006Q4/NetBSD-4.0/sparc64/ にアップロードしました。 さらなる情報は、彼の発表をお読みください。
2006-11-24: pkgsrc-2006Q3 のバイナリーパッケージ
Julian Coleman が pkgsrc-2006Q3 枝の NetBSD/sparc64 3.0 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2006Q3/NetBSD-3.0/sparc64/ にアップロードしました。
2006-10-24: 安定に戻る
SMP の変更 (下のニュース参照) に起因する安定性の問題は、 解決しています。残念ながら SMP は動かないままです。
2006-10-07: SMP の前進 - ただし未達成
Matthew Green と Martin Husemann が、Andrey Petrov が書いた非常に古い変更を、 current に統合する作業を始めました。また、Matthew Green は、ddb を、 sparc64 の SMP カーネルに対応させました。残念ながら、 SMP カーネルはまだ動作しませんし、変更の一部には副作用があり、 ユニプロセッサーのカーネルにも影響があります。おそらく、 PR 34741 が副作用の一例です。 つまり、-current は sparc64 についてはさほど安定していないということですが、 SMP の作業が進んでいるからです。このままでお待ちください。
2006-07-28: pkgsrc-2006Q2 のバイナリーパッケージ
Julian Coleman が pkgsrc-2006Q2 枝の NetBSD/sparc64 3.0 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2006Q2/NetBSD-3.0/sparc64/ にアップロードしました。
2006-05-19: さらなるバイナリーパッケージ
Julian Coleman が pkgsrc-2006Q1 枝の NetBSD/sparc64 3.0 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2006Q1/NetBSD-3.0/sparc64/ にアップロードしました。
2006-05-07: pkgsrc-2006Q1 のバイナリーパッケージ
Havard Eidnes が pkgsrc-2006Q1 枝の NetBSD/sparc64 2.0.2 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2006Q1/NetBSD-2.0/sparc64/ にアップロードしました。
2006-03-28: pkgsrc-2005Q4 のバイナリーパッケージ
Havard Eidnes が pkgsrc-2005Q4 枝の NetBSD/sparc64 2.0.2 用バイナリーパッケージを ftp://ftp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/packages-2005Q4/NetBSD-2.0/sparc64/ にアップロードしました。
2006-03-02: Atheros wlan デバイスに対応
Atheros wlan デバイスは、バイナリーのみ提供されている HAL が ドライバー本体と一緒にカーネルにリンクされている必要があります。 David Young が新しい HAL をインポートしたことで NetBSD/sparc64 版の HAL が利用可能となり、動作することが確認されました。
2006-01-30: ブートローダーの更新が必要
最近、 Dennis Chernoivanov がブートローダー・カーネル間のプロトコルを作り直しました。 これにより、カーネルの更新前に新しいブートローダーをインストールすることが必要になりました。 説明は ここにあります。この新しいブートローダーはもちろん、 古いカーネルをブートさせることもできます。

Archive of NetBSD/sparc64 news items

対応機種

これらの機種のクローンについても、同様に動作するはずです

  • Sbus ベースの UltraSPARC I または II システム
    • Ultra 1 系列 (Ultra 1, Ultra 1 Creator, Ultra 1 Creator 3D, Netra i 150, Netra nfs 150, Enterprise 1, Enterprise 150)
    • Ultra 2 系列 (Ultra 2, Ultra 2 Creator, Ultra 2 Creator 3D, Enterprise 2)
    • Enterprise (3000, 3500, 4000, 4500, 500x, 5500, 600x, 6500, 10000)
  • PCI ベースの UltraSPARC II, IIi, または IIe システム
    • Ultra 5/10 系列 (Ultra 5, Ultra 10, Enterprise 5, Enterprise 10)
    • Ultra 30 系列 (Ultra 30, Netra T 1100)
    • Ultra 60 系列 (Ultra 60, E220R, Netra T 1120 および T 1125)
    • Ultra 80 系列 (Ultra 80, E420R, Netra T 1400 および T 1405)
    • Ultra 250 系列 (Enterprise 250 および E250R)
    • Ultra 450 系列 (Ultra 450, Enterprise 450, Netra ft 1800)
    • Blade 100 および 150
    • SPARCengine CP1400 または SPARCengine CP1500 システムボード (Netra T1 (models 100 および 105), CT400, CT800, CT1600)
    • SPARCengine Ultra AXi 系列 (Netra X1, Fire v100, Fire v120, Netra 120, Netra AC 200, Netra DC 200)
    • SPARCengine Ultra AXe システムボード

対応ハードウェア

完全な一覧は、Notes on System Models のページを参照してください。

  • すべてのオンボードおよびほとんどのオプションの Sun ブランドフレームバッファー
    • すべてのフレームバッファー上のテキストコンソール
    • オンボードおよび sbus cgsix への X サーバーサポート
    • オンボード ATI mach64 グラフィックスへの X サーバーサポート
    • UPA ffb および afb フレームバッファーへの X サーバーサポート
  • すべての Sun ブランドのオンボードおよびオプションのネットワークインターフェース
  • すべての Sun ブランドのオンボードおよびオプションの SCSI および IDE インターフェース
  • フロッピードライブ (SBus ベースの機種のみ)
  • すべてのオンボードシリアルポート
  • すべてのオンボードパラレルポート
  • ほとんどの入力デバイス (キーボード、マウス、トラックボール)。
  • オーディオ
  • ほとんどの機種独立 SBUS カード
  • ほとんどの機種独立 PCI カード
  • ほとんどの機種独立 USB デバイス
  • FireWire

非対応のハードウェア

  • UltraSPARC III CPU を持つシステム
  • UltraSPARC IIIi CPU を持つシステム
  • UltraSPARC IV CPU を持つシステム
  • スマートカードリーダー