Skip to main content.
Google custom search

NetBSD 1.6.2 のアナウンス

NetBSDプロジェクトは、 NetBSDオペレーティングシステムのリリース1.6.2を 発表できることを喜ばしく思います。

NetBSD 1.6.2 について

NetBSD 1.6.2は NetBSD 1.6.1 以前のユーザー向けの保守リリースであり、 1.6.1に対し以下のような変更がおこなわれています:

  • 多くのセキュリティー問題 が修正されました。
  • いくつかの性能の修正が取り込まれました。
  • いくつかの既存のドライバーのデバイスサポートが改良されました。
  • 新しいデバイスドライバーがいくつか追加されました。
  • こまかなユーザーランドの修正が適用されました。
  • sparc64 ポートの安定性が、 大きく向上しました。

NetBSD 1.6.2 の配布物は、完全な NetBSD のソース、X Window System を含む 40 のポートのバイナリーリリース、そして NetBSD パッケージ コレクション1.6.2リリースで構成されています。

変更点の完全な一覧は、 NetBSD 1.6.2リリースツリーのトップディレクトリーにある CHANGES-1.6.2 ファイルに一覧されています。さらに、このアナウンスの後ろの方に、 NetBSD 1.6.2における大きな変更点の一覧を記しました。

完全なソースコードおよびバイナリーは、世界中の多くのサイトに存在します。 近くのミラーサイトから、 FTP、 AnonCVS、 SUP その他の方法により、NetBSDをダウンロードすることが できます。

献辞

The NetBSD Foundation は、 NetBSD 1.6.2 リリースを Erik Reid に捧げたいと思います。彼は 2004 年 2 月 18 日の海上事故で行方不明となっており、 亡くなったものと思われます。 Erik が NetBSD にしてくれた貢献には、 SGI MIPS R4000 への対応、 XFree86 Direct Rendering Interface (DRI) の統合、ビルドラボの管理などがあります。彼の訃報は衝撃をもって迎えられ、 われわれにとって大変悲しいことです。冥福を祈ります。

NetBSDについて

NetBSD オペレーティングシステムは、豊富な機能を持つ、オープンソースの、 UNIX風のオペレーティングシステムで、Berkeley Networking Release 2 (Net/2)、 4.4BSD-Liteそして4.4BSD-Lite2の流れをくんでいます。 NetBSDは、11のまったく異なるCPUファミリーと 17のマシンアーキテクチャーをサポートし、52の異なる システムアーキテクチャー上で動作しており、さらに現在も移植作業が 進められています。NetBSD 1.6.2リリースには、40の異なるマシン向け の完全なバイナリーリリースが含まれています。

NetBSDは高度に統合されたシステムです。NetBSDは、移植性の高い 高性能なカーネルに加えて、ユーザーユーティリティー、 さまざまな言語のコンパイラー、X ウィンドウシステム、 ファイヤーウォールソフトウェアなど多くのツールを、 全てソースコード付きで含んでいます。NetBSD パッケージ コレクションは4400以上のパッケージを含んでおり、いくつかのプラット フォーム用のバイナリーパッケージリリースを現在準備中です。

NetBSDプロジェクトの目的についての詳しい情報は、NetBSD Webサ イトから取得できます。

NetBSDはフリーです。すべてのコードは非限定的ライセンスで配布され、 誰にもロイヤルティーを払うことなく利用できます。無償のサポートサービスを、 メーリングリストやWebサイトを通じて受けることができます。 また、商用サポートには様々なものがありますが、その主なものは 以下から見つけることができます。

NetBSD についてのより広範囲の情報は、NetBSDの Webサイトから入手することができます。

NetBSDは世界中の多様な開発者たちのグループによる作品です。NetBSD の名前の中のNetとは、インターネットに対する感謝のしるしです。 インターネットは、私達がコミュニケーションしたり、コードを共有することを 可能にしました。 インターネットなしでは、このプロジェクト自体存在し得なかったでしょう。

NetBSD 1.6.2によりサポートされるシステムファミリー

NetBSD 1.6.2 のリリースでは、以下のシステム用バイナリーを提供しています。

NetBSD/acorn26 Acorn Archimedes、A-シリーズ と R-シリーズのシステム
NetBSD/acorn32 Acorn RiscPC/A7000、CATS、Digital Shark、EBSA-285、VLSI RC7500
NetBSD/algor Algorithmics社 MIPS評価ボード
NetBSD/alpha Digital/Compaq Alpha (64ビット)
NetBSD/amiga コモドール Amiga、マクロシステム DraCo
NetBSD/arc Advanced RISC Computing仕様準拠のMIPSベースマシン
NetBSD/atari アタリ TT030、Falcon、Hades
NetBSD/cats Chalice TechnologyのStrong Arm 評価ボード
NetBSD/cobalt コバルトネットワークスのMIPSベースマイクロサーバー
NetBSD/dreamcast セガドリームキャストゲーム機
NetBSD/evbarm ARM評価ボード
NetBSD/evbmips MIPSベース評価ボード
NetBSD/evbsh3 日立Super-H SH3とSH4 CPUの評価ボード
NetBSD/hp300 ヒューレットパッカード9000/300と400シリーズ
NetBSD/hpcarm StrongARMベースWindows CE PDAマシン
NetBSD/hpcmips MIPSベース Windows CE PDAマシン
NetBSD/hpcsh 日立SH3/4ベースWindows CE PDAマシン
NetBSD/i386 80x86ベース IBM PCおよびその互換機
NetBSD/luna68k オムロンLUNAシリーズ
NetBSD/mac68k 68k CPUのアップルMacintosh
NetBSD/macppc アップルPower Macintoshおよびその互換機
NetBSD/mipsco Mipsワークステーションおよびサーバーファミリー
NetBSD/mvme68k モトローラ MVME 68k SBC
NetBSD/netwinder StrongARMベース NetWinderマシン
NetBSD/news68k ソニー 68kベース "NET WORK STATION" シリーズ
NetBSD/newsmips ソニー MIPSベース "NET WORK STATION" シリーズ
NetBSD/next68k NeXT 68k '黒い' ハードウェア
NetBSD/pmax Digital MIPSベース DECstationおよびDECsystem
NetBSD/prep PReP (PowerPC Reference Platform)およびCHRPマシン
NetBSD/sandpoint モトローラ Sandpoint参照プラットフォーム
NetBSD/sbmips Broadcom SiByte評価ボード
NetBSD/sgimips シリコングラフィックス MIPSベースワークステーション
NetBSD/shark Digital DNARD ("shark")
NetBSD/sparc Sun SPARC (32ビット) および UltraSPARC (32ビットモード)
NetBSD/sparc64 Sun UltraSPARC (ネイティブ64ビットモード)
NetBSD/sun2 Sun 2
NetBSD/sun3 Sun 3 および 3x
NetBSD/vax Digital VAX
NetBSD/walnut IBM 405GP PowerPC "walnut" 評価ボード
NetBSD/x68k シャープX680x0シリーズ

このリリースにおいて、以下のアーキテクチャーはソースコード形式でのみ 提供されています。

NetBSD/amigappc PowerPCベースAmigaボード
NetBSD/bebox Be IncのBeBox
NetBSD/cesfic CESのFIC8234 VMEプロセッサーボード
NetBSD/mmeye BrainsのmmEyeマルチメディアサーバー
NetBSD/mvmeppc モトローラMVME PowerPC SBC
NetBSD/ofppc 汎用OpenFirmware compliant PowerPCマシン
NetBSD/pc532 NS32532ベースPC532コンピューター
NetBSD/playstation2 ソニーPlayStation 2

1.6.1 と 1.6.2の間の主要な変更点

変更の完全な一覧は、 NetBSD 1.6.2 リリースツリーの最上位ディレクトリーのCHANGES-1.6.2 にあります。以下は、主要な変更点です:

カーネル

  • pciide(4) で、Promise のコントローラーが 48 ビット LBA ドライバーを必要とする 大容量ディスクに対して DMA ができるようになりました。
  • メモリーが少ない状況における安定性改良のため、 スワップ不足時のエラー検知が追加されました。
  • より多くの SiS および Intel コントローラーのサポートが pciide(4) に追加されました。
  • 新しい PowerBook G4 12-inch のサポートが追加されました。
  • mlx(4) の安定性が改良されました。
  • オリジナルの Sun4c sparc システム (SS1, SS1+, IPC) に長らく存在していた、安定性の問題が発見され修正されました。 これらのシステムに対する若干の最適化もおこなわれました。
  • テープファイルに対するシークへの対応に伴い、 Sun3, Sun3x および Sun2 でテープファイルからブート可能とする余地ができました。
  • USERCONF オプションが i386 カーネルに追加されました; 詳細は userconf(4) をご覧ください。
  • Intel 865 および 875P チップセットについて、 ハードウェア乱数発生器への対応が追加されました。
  • wdc(4) が、pre-ATA ドライブで動くように修正されました。
  • マルチファンクション pcmcia(4) カード全般のサポートが修正されました。
  • Linux エミュレーションにさまざまな修正が加わりました。

ネットワーキング

  • rtk(4) のマルチキャストの問題が修正されました。
  • fxp(4) が対応するチップの種類がいくつか、さらに増えました。
  • tlp(4) ドライバーが修正され、 DEC Alpha PWS で panic しないようになりました。
  • パス MTU 探索ブラックホールの検知が追加されました。
  • 最近の Dell ラップトップで使われている Broadcom BCM4401 チップセット用の bce(4) ドライバーが追加されました。
  • callout データ構造体を破壊する可能性のある、 ネットワークコードにおける競合状態に対応する回避策が追加されました。
  • IPv4, IPv6 および IPsec 用のネットワーキングスタックのさまざまな修正が行われました。

セキュリティー

以下のセキュリティー問題が修正されました:

システム管理とユーザーツール

  • エラーがもとで vi(1) がクラッシュする可能性が修正されました。
  • XFree86 バージョン 4 を使用しているアーキテクチャーにおいて、 XFree86 が 4.3.0 にアップグレードされました。
  • scsictl(8) が新しいコマンド数個に対応しました。
  • BIND がバージョン 8.3.7 にアップグレードされました。
  • DHCP が、さまざまな修正が施されたバージョン 3.0.1rc11 にアップグレードされました。
  • CVS がバージョン 1.11.10 にアップグレードされました。

もちろん、数えきれないほどのバグ修正やさまざまな拡張がおこなわれました。

現時点で注意すべきこととして、sysinstではあらかじめ作成された サードパーティーバイナリーパッケージやpkgsrcシステム自身を インストールできません。詳しくは、NetBSD パッケージ コレクションドキュメンテーションを参照してください。

最後に、注意すべきこととして、 NetBSD 1.6.2 に同梱される X11 バイナリーは、i386 および macppc 用のものは XFree86 4.3.0 ベース、cats 用のものは XFree86 4.2 ベース、 その他のポートのものは XFree86 3.3.6 ベースとなっています。どちらもソースから構築してインストールすることができます。

謝辞

NetBSD Foundationは、コード、ハードウェア、ドキュメンテーション、 資金、サーバーの場所、webページその他のドキュメンテーション、 リリースエンジニアリング、その他のリソースを、長年に渡って提供して くださった全ての人々に感謝します。 NetBSD を立ち上げた人々についての 詳細な情報は以下の場所にあります。

私達が使っているコードの膨大なサブセットを提供してくれた カリフォルニア大学バークレー校とGNUプロジェクトには、特に感謝します。 また、サーバーを提供していただいている Internet Software Consortium とヘルシンキ工科大学にも感謝します。

NetBSD Foundationについて

NetBSD Foundation は1995年に、NetBSDプロジェクトの中核のサービスを管理し、 産業界やオープンソースコミュニティーへのプロジェクトを売り込み、 NetBSDのコードベースの知的所有権を守るために設立されました。 日々のプロジェクトの作業は、ボランティアによっておこなわれています。

NetBSDミラーサイト

あなたに一番近いミラーサイトをご利用ください。

CD-ROM販売業者の一覧もご利用ください。


Back to NetBSD 1.6 公式リリース